• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ランニング中に音楽を聴きたい方必見!トップ5のイヤホンの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 1

スポンサーリンク

ランニングにオススメ!スポーツイヤホン!

ランニング、スポーツのお供に音楽!

防水タイプからワイヤレスタイプまで揃えました!

いい音と一緒に走りたいという方は必見です!

Beats by Dr.Dre Powerbeats2 ワイヤレスヘッドフォン

人気ブランドのスポーツモデル

外の音を聞くために半密閉の形式をしています。

低域が多めのチューニングとなっていますが、イヤーピースの選び方で音質に結構な差が出ます。

耳にフィットさせて密閉度をあげると、低域の量感が多くなりすぎると感じることがあります。

周りの音も聞こえますので、安全性も確保できます。

イヤーピースで支えなくても、イヤーフックで固定できるので、落ちる心配もありません。

Bluetoothの稼働時間は6時間。フルマラソンでもなんとか持つ時間です。

音質と使い勝手の両立が難しいスポーツ型イヤホンですが、

powerbeats2は既存製品では非常にレベルの高いイヤホンであることは間違いありません。

yurbuds INSPIRE 400

アスリートによる、アスリートのための、正真正銘のスポーツイヤホン

ヤーバッズは「落ちない、抜けない」イヤホンということで、非常に人気がでています

イヤーピースは密閉度の高いものになっています。密着度があがり、音質もアップしています。

汗がつきやすいイヤーピース部がまるごと洗うことができるのは嬉しいですね。

イヤーピースの装着は、いっぱいいっぱいにぐいっと入れるような形なので、

取れないですが、ちょっと痛いですね。慣れが必要です。

音質は低音重視型。300/400はJBLプロデュースで、さすがの良バランスですね。

ランニング中でも聴きやすいです。100/200のシリーズだと、かまぼこタイプで中音域重視となります。

帯域も狭く感じるので、安全度を考慮する方以外は、是非とも300/400のシリーズを購入していただきたい。

SENNHEISER PMX 686G SPORTS

大人気のネックバンドタイプイヤホン

ネックバンドタイプは発売されている数こそ少ないものの、人気の高いタイプです。

耳から下に垂らす通常タイプのイヤホンだと、前後左右に揺れて首への干渉も大きく、なかなかに気になる存在です。 あまり揺れすぎると耳の装着感にも影響するので、限りなく無くしたいものですね。 この機種はインナーイヤー型で、耳へのフィット感を高めるために、やや縦にして耳に挿入します。

密閉度はほとんどなく、外音もばっちり聞こえます。

ゆったりと優しく包み込むような音質で、長時間でも聞き疲れすることなく使えそうです。

なにより皮膚への接触を極力減らしたい人に最適なイヤホンです。お試しあれ。

Bose® SoundSport in-ear headphones

ボーズ サウンドスポーツ インイヤーヘッドホン

迫力あるサウンドに加え、汗や水しぶきに強い防滴性能と優れた耐久性を実現したイヤホン

Bose® SoundSport in-ear headphones

ボーズ サウンドスポーツ インイヤーヘッドホン

迫力あるサウンドに加え、汗や水しぶきに強い防滴性能と優れた耐久性を実現したイヤホン。

 

まとめ

ランニング中に音楽を聴きたい方必見!

ランニングにオススメ!スポーツイヤホン!トップ5いかがだったでしょうか?

最新のイヤホンですと防水タイプからワイヤレスタイプ(Bluetooth)など、様々な機能を備えていて快適なランニングが楽しめるアイテムですね!

音楽を聴きながらのメリットは何と言ってもモチベーションの維持と向上ですよね!

ランニング継続のひとつのアイテムになればと思いご紹介させて頂きました。

スポンサーリンク

>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存