• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

アシックスが描く「米国首位作戦」の現実味 思わぬ誤算があっても米国を最重視

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 1

スポンサーリンク

アシックスが描く「米国首位作戦」の現実味 思わぬ誤算があっても米国を最重視

スポンサーリンク

アシックスが描く「米国首位作戦」の現実味 | 専門店・ブランド・消費財

快走を続けていた、スポーツメーカー大手アシックスの業績が、思わぬ石に躓いた。2月12日に発表した2015年12月期連結業績は、売上高4284億円、営業利益274億円だった。

前2014年12月期は国内9カ月、海外12カ月という変則決算だったため、単純比較はできない。国内を12カ月で計算した組み替え後の前年同期間比では、売上高が10.5%増だったものの、営業利益は8.3%減という減益となっている。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存