• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

カシオ「最強スマートウォッチ」開発の内幕強みを活かすためにアウトドアに特化した

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 1

スポンサーリンク

カシオ「最強スマートウォッチ」開発の内幕強みを活かすためにアウトドアに特化した

スポンサーリンク

カシオ「最強スマートウォッチ」開発の内幕

2012年1月、カシオ計算機・時計事業部の南俊二氏(現新規事業開発部長)に一本の電話がかかってきた。「これからはつながりの時代だ。新しい商品を作るから、力を貸してくれ」。声の主は当時の樫尾和雄社長(現会長)。それがカシオのスマートウォッチ開発のはじまりだった――。 2016年1月6日、カシオは同社初のスマートウォッチ「WSD-F10」を発表した。価格は税別7万円、3月下旬の発売だ。円形で、文字盤には液晶がついている。OS(基本ソフト)にAndroid Wearを採用している点では通常のスマートウォッチと変わらないが、他社とは一風変わった製品になっている。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存