• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

マラソン42.195kmを走るための基礎基本トレイルランニングから学ぶ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 1

スポンサーリンク

マラソン42.195kmを走るための基礎基本トレイルランから学ぶ

トレイルランニングとは

不整地を走るランニングスポーツとしては、以前からクロスカントリーがある。欧米では盛んだが日本ではあまり知られていない状態であった。その後マラソンブームや登山ブームの波にのって、両者の要素を併せ持つ「トレイルランニング」が知られるようになっている。

トレイルランニング(トレイルラン)とは

 Wikipediaはこちらから

トレイルランニングの魅力とは

日頃目にするような整備された道ではなく、凸凹道何より酸素が薄いので心臓や肺などカラダ全体に刺激を与えられるコトですね!

自然界が作り出した、自然道なので山の香り、自然の空気感、動物などのせせらぎを等して、カラダをリフレッシュ出来る事も魅力のひとつだと思います。

そして何よりコースを通じて通常のような平坦道はほぼ少なくアップダウンを中心とした傾斜道を走る事が出来るので筋力アップにも効果があります。

コース開拓やレース出場など楽しみ方はきりがない

トレイルの楽しみ方にキマリはありません。山を仲間とハイペースなハイキングのつもりで走るのもいいですし、新しいトレイルを求めて地図片手にはじめてのコースを開拓するのも楽しいものです。もちろん、山岳レースで日頃からトレイルで磨いたテクニックと知識、持久力を発揮してタイムを競うのもその一つ。 自然の中のスポーツだからこそ、優れたギアは欠かせないモノ。山の中では、水が切れたらその日の行動は終了せざるを得ないので、効率的に水分のとれるハイドレーションパックは今や常識となりました。また、思わぬ雨や風をしのぐためにも性能の信頼できるウインドブレーカーやレインウェアは、安全のためにもいつでもバックパックの中に用意しておきましょう。高性能で軽量・コンパクトなギアがトレイルを思い切り楽しませてくれます。 自然環境やハイカーに対するマナーも心に準備したら、お気に入りのトレイルに出かけましょう!

 

まとめ

現代に置いてIT技術や最先端の機械などを使って、筋力アップやカラダ全体の数値を測定をしスピードアップの強化をしている傾向を良く目にする事が多くなってきていますが、実際の所はアンログ的なのクロスカントリーやトレイルランなどの自然に身を置きトレーニングする方が効果的なのかもしれませんね!

人間にも個人差があるぐらいなのでどちらが適しているかは実行あるのみです!!!

スポンサーリンク

>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存