• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

2020年東京オリンピックマラソン(42.195km)東洋大学早稲田大学実業団から学ぶ歴史

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 1

スポンサーリンク

東洋大学早稲田大学実業団から学ぶ歴史

駅伝が日本のマラソンを弱くした

瀬古利彦

「なんで駅伝をそんなにマラソンの犠牲にするんですか上の選手はそういうふうにしちゃいけない可哀相です。」

渡辺康幸

「どうしても箱根駅伝がゴールになってしまっていてマラソンのスタートラインに立つことが出来ない馬鹿らしくなってしまっているということですね。」

 

駅伝が築いたもの阻んだもの

東洋大学 服部勇馬選手

「2020年の東京オリンピックで自分はマラソンでメダルを獲るというのが最大の目標です。逆算をして今年からマラソンをやらなければいけないという覚悟で1年間やってきました。」

東京五輪マラソンの星を追うバルセロナ五輪 銀から23年

未来と希望を見つめる

 

まとめ

マラソン(42.195km)走る為の長期的なビジョンとミッション、若い内からの高い目標を掲げる事を常に意識、実行する事が非常に大事ですね!

フォームとカラダのバランスに注力する事でスピードと長距離を走れる力が着くのだと感じています。

「すべては準備準備準備練習が全て。」

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存