• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

カラダに良い肉、決定戦!とり肉ぶた肉あなたはどっち派?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 1

スポンサーリンク

あなたは鶏肉派?豚肉派?

言葉一言ではいい表せないが『肉』といっても部位も様々で部位によっても脂身も味も食感も全く違う。

あなたはどんな目的でお肉を選び!食べる事に繋げているのでしょうか?

疲労回復、ダイエット…目的別で食べるならどっち?

豚肉の特徴

0000000274_xl

豚肉には、疲労回復において需要な役割を果たす「ビタミンB1」が多く含まれており、その量は、牛肉に含まれてる

量の約10倍で豚ヒレ肉100グラムを食べるだけで一日の必要量を摂取できてしまうほどです。また、豚肉をニンニク、ニラ、タマネギなどと食べると、体内のビタミンB1吸収率がグンと高まるので、疲労回復が促進されます。

 豚肉には、疲労回復以外に、老化予防、精神安定、咳予防、神経過敏解消、虚弱体質改善、そして更年期障害の緩和に効果があると言われています。なので、心の疲れを感じている方や、更年期で悩まされている方には、ぜひ食べてもらいたい食べ物ですね。

身体に良いとされる豚肉ですが、食べ過ぎると、逆に身体に悪影響を及ぼします。豚肉の食べ過ぎは、疲れの元である「ピルビン酸」を増やしてしまい、体内にある水素と結合し、疲労物質である「乳酸」を体内に蓄積させてしまいます。

この乳酸の蓄積を防ぎたい場合は、豚肉と「クエン酸」を含んだ食べ物を組み合わせて食べましょう。豚肉とクエン酸を一緒に食べれば、ピルビン酸がクエン酸に変わるので、疲労回復効果が上がります。高い疲労回復効果を求めている方におススメの食べ方です。

鶏肉の特徴

SONY DSC 

鶏肉は、ダイエットなどをする際にはよく食べられるお肉です。また、美容にも効能があり、世界三大美女の楊貴妃が手羽先を好んで食べたという歴史的エピソードも残っているそうです。このような美容系以外に、鶏肉は疲労回復にも効果を発揮しています。

鶏肉には、滋養強壮、疲労回復、美肌、抗ガンの効能があります。疲れが取れて、その上美容効果でキレイになれるのであれば、女性には打ってつけの食材と言えるでしょう。鶏肉の中でも、特に鶏の胸肉を食べると、疲労回復の効果が得られます。鶏肉の胸肉には、「イミダペプチド」という疲労回復に効く物質が多く含まれています。

このイミダペプチドは、動物の筋肉中に含まれており、特に、数万キロの距離を休むことなく数週間も飛び続け、翼と胸の部分が発達した渡り鳥や最高時速100kmで泳ぎ続けるマグロやカツオなどの回遊魚に豊富に含まれている物質なのだそうです。

もちろん人間の体内にもこの物質は含まれています。鶏の胸肉には、牛肉や豚肉に比べ、イミダペプチドが2~3倍ほど多く含まれていて、鶏の胸肉約100グラムに対してイミダペプチドは400ミリグラムもあるそうです。1日400ミリグラムのイミダペプチドを1週間摂り続ければ、疲労回復に効果があるという結果も出ています。

また、鶏肉には、視力回復の効能があるビタミンAも含まれています。このビタミンAは、手羽先に多く含まれているので、眼精疲労の症状が出ている方は、胸肉だけでなく手羽先も食べてみるとよいでしょう。 調理方法は、焼いても煮ても揚げても大丈夫なので、お好きな調理法で鶏肉を美味しく食べてください。

イミダペプチドは何故疲労回復に良いとされているのか?

イミダペプチドは、脳の自律神経中枢の細胞を錆び付かせない効果があります。 イミダペプチドが多く含まれる食品には、鶏の胸肉、牛のモモ肉、マグロの赤身、カツオなどがあります。 イミダペプチドは動物の筋肉に多く含まれています。 特に鶏の胸肉には、牛のモモ肉の約5倍のイミダペプチドが含まれています。 イミダペプチドは、朝ごはんで摂ると高い疲労回復効果が期待できます。 毎朝50g以上の鶏の胸肉とビタミンCを1週間摂り続けると夏バテを解消する効果が期待できます。

まとめ

カラダを動かすすべての人間に欠かせない、血となり肉となりやすい良質の動物性タンパク質の宝庫である。ランナーの為の肉としては昼は豚!夜は鶏!疲労回復には断然豚肉をレース前の食事には鶏肉を。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存